ビットコインで注文すると、夜間配送料が無料になります。

猫用cbdの効果

不安。

痛み

炎症を起こす。

発作/てんかん

関節炎炎症性腸疾患。

泌尿器総合的なウェルネス

cbdの注文 ユミハイズドットコム

カンナビジオール、またはCBDは、あなたのペットの健康を改善することが示されている。研究によると、あなたのネコの友人が炎症などに苦しんでいる場合、それは有益である。ホリスティック獣医師は、痛み、不安、炎症など、ペットのさまざまな病気を治療するために、新たなトレンドを利用しています。これまでの研究で、テトラヒドロカンナビノール(THC)とカンナビジオール(CBD)には、人間と動物の両方で治療効果があることが分かっています。一方、THCは、精神を変化させ、多幸感をもたらす精神活性作用があり、有害である可能性があります。そのため、CBDはTHCよりも望ましいとされています.

猫へのcbdの使用

猫は、いろいろな意味で予測可能な生き物です。しかし、主に原始的な本能に従って行動する一方で、それぞれの特徴や性格も生まれてきます。外向的で遊び好きな猫もいれば、孤独で控えめな猫もいます。どのような性格の猫であっても、普段の生活から逸脱している場合は注意が必要です。これには、とりわけ、無気力、過剰な発声、消化器系の問題などが含まれます。CBDは、このような状況において非常に有益です。

犬や人間におけるCBDの使用は、広く研究されています。しかし、猫に関しては、研究はまだ初期段階にあります。それでも、猫の治療におけるCBDの使用は有望であることを予備的な証拠が示しています。この結論に影響を与える大きな要因の1つは、CBDが動物用として穏やかで安全であることが以前から知られていることです。また、猫にとって多くの利点があります。ここでは、そのいくつかの例をご紹介します。

痛みを和らげる

加齢は、さまざまな健康問題を引き起こす自然な原因です。関節炎、退行性疾患、骨量減少は、すべてあなたの猫の可能性です。これは、あなたの猫のために多くの痛みを引き起こす可能性があります。これはほとんどのペットに起こることですが、CBDはあなたの猫が感じている痛みや不快感を軽減するのに役立つかもしれません。

多くの猫の飼い主が、CBDが猫の加齢に伴う生活の質を向上させたと報告しています。CBDは、顕著な抗炎症作用と鎮痛作用があることが研究で示されています。あなたの猫がそのような痛みを抱えている場合、CBDは効果的な鎮痛剤となりえます。効果的で安全なだけでなく、副作用のリスクも低いとされています。さらに、世界保健機関(WHO)がこの治療法を承認しています。動物にも人間にも無毒です。

猫用cbdの効果

 

ふあんざいりょう

あなたのネコの仲間は、人間と同じように不安を経験します。これは、虐待や育児放棄など、さまざまな要因によるものでしょう。また、単に生まれつきのものである場合もあります。どんな理由であれ、ペットがいつも怖がっていて、苦しんでいる姿を見たくはないでしょう。この不安に対処しないまま長期間経過すると、他の健康問題に発展する可能性があります。毛皮の抜け毛、消化器系の問題、その他ストレスに関連する病気などがその例です。この場合、CBDは良い解決策になるかもしれません。イヌやヒトで抗不安作用が確認されていることから、ネコにも同じような効果があるのではないかと考えられています。どんな状況でも、愛猫の不安の原因になる。

ニュースレターを購読する

雑草をオンラインで購入する ヨーロッパ

Cpyright &copy 2021 yumyhaze.無断転載を禁じます。

jaJapanese